そのコンテナ、どうやって運用する? コンテナ管理プラットフォームのススメ

15:50-17:10 @C会場

Docker が流行り始めてからはや数年。Docker とは?コンテナとは?というフェーズは過ぎ、開発やテストでバリバリ活用しているいう方も増えてきました。
しかし、いざプロダクションに投入しようとなったとき、必ず課題になるのが運用周り。
どうやってデプロイする?複数ホストの対応は?監視はどうやってやればいいんだ? さあ課題は山積みです。 そして、それらの課題を解決するためのプラットフォームも数多く登場しています。・・・が、何をどう選べばいいのか、難しくないですか?
そこで、今回はコンテナ管理プラットフォームに関わるユーザー会の面々を集め、悩める皆様の参考になるようディスカッションします。

当日の進行により内容が一部変更となる場合があります

ライブ配信URL

https://www.youtube.com/watch?v=7dsYh5Uhkis

セッションオーナー

草間 一人

Pivotal JapanでPivotal Cloud FoundryのPlatform Architectを務める。日本Cloud Foundryグループのメンバーとして日本国内のCFの普及活動を行っている他、PaaS関連技術を幅広く扱うPaaS勉強会のオーガナイザーとしても活動。

スピーカー

新野 淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。一般社団法人クラウド利用促進機構(CUPA)総合アドバイザー。日本デジタルライターズ協会 代表理事。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年に株式公開を実現、2008年に退社。2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

イアン・ルイス (Ian Lewis)

Ian Lewisはアメリカの首都ワシントンDC出身で、2006年から東京に移住。2008年から株式会社ビープラウドでPython開発者として活躍。2011年からPyConJPの創業者として、運営に参加。IT勉強会サイトconnpass.comを思想から開発。 現在はGoogle Japan所属で、Google Cloud Platformのデボロッパーアドボケートとして、DevOpsや、コンテナのエンジニアを支援。Pythonや、Goや、コンテナ技術が好きで、Kubernetes Meetupの運営をしたり、開発者の発展を楽しんで応援しています。www.ianlewis.org でブログを書いています。

木村 貴由

Kubernetesのサポートと恵比寿のランチ食べ歩きをしています

吉瀬 淳一

アジアパシフィック&ジャパンリージョンのリードアーキテクトとして、クラウドネイティブ技術全般に取り組んでいるふりをしながらギターを弾いています。

千葉 豪

製品担当として IaaS 関連製品の主管として働く傍ら OSS 活動に参加。現在は Rancher JP 立ち上げメンバーとしてコミュニティ運営を行うとともに UI の日本語化などのコントリビューターとして活動。かつては青い方の雲の中の人。

時間・会場

15:50-17:10 / C会場