ニフクラにおける大規模インフラの運用の今と昔

11:20-12:40 @A会場

ニフクラのインフラ構造や設計、運用にいたるまで、これを支えるインフラエンジニアたちがそれぞれの専門領域の視点から「大規模インフラを運営するためのノウハウ」をご紹介し、
スケールしつづけるクラウドを止めることなく、いかにして新しいものを取り入れながら混在するインフラを支えていくのか
そして、いかに少人数で大規模インフラを稼動させるためにどのように自動化を進めていくのか。
古いコードと新しいコードが混在している状態での自動化を進める上での苦労や、解決策、そしてこれからの将来についてをパネルディスカッション形式でお話します。

【このセッションは 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 にご提供いただいております】

当日の進行により内容が一部変更となる場合があります

ライブ配信URL

https://www.youtube.com/watch?v=zCkdDXmSnZ8

セッションオーナー

春名 英明

Slerを経て、2015年4月に中途入社。ニフティクラウドの仮想化基盤の設計や運用を担当。

スピーカー

蓮沼 愼太郎

2014年入社。ニフティクラウドの仮想ネットワークサービスの開発や設計、運用を担当。

吉村 晃

2014年入社。ニフティクラウドの運用・監視などを担当。

小澤 将典

2008年入社。入社以来、サーバ・ストレージ畑を歩き続けて9年目。今はニフクラのサーバ・ストレージを支えてます。好物はストレージ技術全般と焼肉。

時間・会場

11:20-12:40 / A会場